tkmeccanica

模型道をさまよいにさまよう管理人「かながわ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1194Rでございます。

時代は'82末翌'83から本格化するTTF-1の排気量ダウンのレギュレーション改定案に向けて、
1000cc以上のモンスタークラスの設立及びシリーズ戦の立案が各メーカーに打診される。

画像 249

耐久では常勝であるHRCが切望したのが大排気量車のスプリント制覇であり、
見切りと揶揄されながらも他メーカーに先駆け、いち早く開発したのがCBX1194Rと言うマシンである。

当初のレギュはまるで二輪版のGr.5であり…つまりシルエットが市販車に通えばの解釈により、
オリジナルでは対強度において重くなりがちなCBXのフレームを捨て外装に販売戦略上外せぬRDを踏襲、
エンジンは空冷6発にこだわるボスの直命を受け…全幅や重量での不利を覆すべく開発が進められたという。

画像 260
とはいえレギュレーション草案の排気量においては1300ccを上限としてはおり、
当初データが豊富な4気筒のCB1100Rベースでの開発も並行して行われた。
上限ギリギリのスープアップがなされた4気筒での最終馬力は170PSを超えたと言われるが、
ピークに至るまでの特性及び耐久性は同馬力を出した場合の6気筒のフィールにはキャパも含め及ばず、
ピストンスピードに有利な多気筒の可能性をベンチ上でも再確認させられたという。

画像 256

高回転化に追随すべきオイルラインも拡張のキャパも持っており開発初期にはさほど苦労はしなかったが、
もともとボア×ストローク比が64,5×53.4で比率バランスに起因するトラブルが高回転下の負荷で多発、
併せてSTDでは分割されたカムシャフトの一本化やエンジン内に3本存在するチェーンの見直しを含め、
部品単体での軽量化やシール類のローフリクション化も徹底して進められた。
最終仕様ではストロークをCB750Fと同一の62ミリに合わせチタンコンロッドでクランクを組み合わせ、
当時定評のあったCB900Fのワイセコ製STDボアの64.5径のスカートを更にカットして使用、
余裕のノーマル同様のスリーブ厚で199cc×6の1194ccからベンチでは178ps以上をたたき出したという。

とはいえ完全空冷のエンジンは完璧以上のオイルラインのジョブを要求され、
強化されたポンプの圧送能力の上限ギリギリで計算された容量のサンプタンクにもフィンが切られた。


画像 029

エンジンはアメリカホンダのノウハウ元にHRCで組み上げて単体で英国に送り、
フレームもアメホンのノウハウを検証しながらRDをベースにダイヤモンド化して組み上げられた。
ここでは無理にボアを拡張しなかったノーマルの強度を保ったシリンダも有効に働いたという。

形になって早々ロッキード&フェロードをスポンサーとして持ち込んだミック・グラントから、
いよいよ実走テストが行われていった。
まず1194Rが持ち込まれたのはシルバーストーンとマン島の一部だったが、
当初履いていたフロント18インチのホイールはエンジン特性も災いしてかパラフジャンプでまくれて転倒、
パワーバランス上のコントロール性にやはり難があったとしてディメンジョンも含め見直しになる。
これは後にスペンサーがラグナセカでテストした際にコークスクリュー前の登りで肝を冷やした後日談が付く。
画像 258

早急な対策が採られいくつかの改良が施されながらテストは続いた。
GPカレンダーが始まる前のマルコ・ルキネリがムジェロとアッセン、それとダッチでの一部コースで行った。
この時に過過重気味と言われていたフロント16インチが名手のセットによって手なずけられ確定したという。

気になるアンチダイブは強烈なエンジンブレーキでの挙動増長を嫌い装着が検討されたが、
リヤサスを動かした方がトータルでのラップに繋がると…逆にカンチレバー式サスの推奨もあったらしい。
ここでは改めて16インチに対応したリヤサスへ刷新され、スイングアームとリヤショックも煮詰められた。
これで進入時に重量を感じさせないクイックさと、立ち上がりには過重をフルに使ったトラクションの確保、
クセのいいところのみを引き出して一連の動きが断然掴みやすくなったと評価される。
ただしその想像以上の負荷の殆どがミシュランに委ねられる事になったが…。
他にレイモン・ロッシュがホッケンハイムでテストに加わり、極めて実践的にテストが繰り返されていく。


画像 265

GPが始まり5月になって1194Rはようやくアメリカに渡り、
アメホンが見守る中でフレディ・スペンサーが不在の頃はロベルト・ピエトリがテストを引き継いだ。
一度だけデイトナのバンクエンドでスロットルバルブが全開のまま固着してオーバーレブしたと言うが、
この時1軸で6個分のスロットルバルブを駆動する機構はジョイント2個を挟んで、
キャブ2個分づつの3軸分割に変わったといい、それ以降同様のトラブルからは解消された。
しかしこれでバンクでも安心して開けられるようになった、とはいいながらも、
イエロー終わりからの立ち上がりにはマシンがどんな姿勢でも全てのライダーは神経を使わされたという。


画像 045

テスト中に改めてシリーズ戦での第一ライダーにスペンサーに乗って欲しいと言う要望も伝えたと言うが、
何戦かのスポット参戦程度が具体的な返事だったと後に聞かされる。
勿論HRC側はGPでの優勝が第一任務であった為無理強いは出来なかったという。


画像 027

残るは鈴鹿でのテストを控えて外装付きでようやく日本に帰ってきた熟成された1194Rであったが、
翌年のF-1クラスに向けてV作戦が発動されており、とにかく研究所でレギュの確定を待つ日が続いた。
しかしながら1194Rの走れるクラスは結局設立されず、
同時に至宝のパラレルシックスも徐々にスーパースポーツからさえも遠ざかって行く運命を辿るのであった。


画像 252

「24個のバルブが切り裂く爆発音がやがて連続して共鳴していく…あれこそがホンダミュージックだったね」
テストを目撃した各地の老人たちはこぞってこう言ったという。


最先端のテクノロジーを支えていくのは意外にも歴史なのかもしれないね…。



------------------------------------------------------------------------------------------

こんばんわ!!
いやスイマセン最後までホント読んでくださってありがとうございました!!
今回は思いっきり捏造劇場です。フィクションです(滝汗
僕の脳内なんかこの通りたかが知れてますがハイ、お許し願えればと思います。
無事投稿、公開されましたあかにくスケコン以外の画像を使ってみました。
そして先方では光栄な事に初めての方々から戴くコメのありがたさに涙しております!!
主催に感謝と同時に盛り上げて行きたいとホント思います。

しかしこんな文章書いたはいいんだけど…読み手が限定されるのがホント申し訳なく

まあこんな感じで製作中はモチベキーピンで楽しんでました。
で、ウチにも生えてたしいたけ君。っていうかホントは底がカマボコ状だったんですが画像 263
マフに当たるんで角に作り変えました。が、底に何か丸モールドでも埋め込みたかったなあ、と。
しいたけ総本山の家元の足元にも及びませんが…精進します、ハイ!!

ってことでクレームが来そうな妄想劇場でしたが…ビョーキだと笑って許してくださればと。
時間かかった割にある意味いつものネタより恥ずかしい…もうしません(爆

ってことで次回また。デワ
  1. 2008/10/23(木) 16:35:26|
  2. DOHC24バルブのようなもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<再充電…さ | ホーム | 出来たわっ!!>>

コメント

…が、日本での実走テストに関しては異論もある。
ご存知の通り鈴鹿サーキットは遊園地が併設されており、全日本、国際格式のレース開催日以外は遊園地来場者にも開放されている。
その為にテスト中の車両は厳重な偽装が施される訳だが、「明らかに4気筒とは異なる、甲高い排気音の謎のレーサー」の目撃談が少なからず存在していることもまた事実である。
それがこのCBX1194Rだと言う者もいるが、HRCからの公式なアナウンスは未だ何も出されてはいない…


…って萌えネタにのっかるよりも恥ずかしい乗っかりしちゃったじゃないですか~(笑

ガンプラでは良く見る妄想オラ劇場ですが、バイクモノで見るのは初めてだったんで、ついついのめりこんでしまいました(笑
スペンサーがコークスクリュー前でビビッたってところなんかもう…v-398
いや、面白かったです。ほんと。
だから、鈴鹿も走ったかも知れないってことにしておいてください(笑

ちなみに、04の冬だったかなぁ?HRCの実走テスト見たことありますよ~
211Vすんげ~ちっちゃくてすんげ~でっかい音してたv-398
厳重な偽装はしてなかったけど(笑
  1. 2008/10/23(木) 22:13:37 |
  2. URL |
  3. 和茶 #HtN3dmxU
  4. [ 編集]

凄いですね!
どの画像を見ても実車と間違えてしまいそうな完成度ですよ^^
実際にメカが分からないとここまで作り込む事は出来ないと思いますよ!
各部のディテール・・・凄いなぁ~♪

ホンと制作、お疲れ様でした!
まだまだかながわさんのバイク作りは続きそうですね!
また楽しみにしていますね^^
  1. 2008/10/23(木) 22:14:47 |
  2. URL |
  3. boss #-
  4. [ 編集]

こんばんわ!
先日スケコンで拝見しまして、
こちらでUPされてからと思ってましたら、、、
こちらの画像凄すぎです!
どの画像もため息しか出ませんよ~(笑)
アップになると作り込みの凄さがわかりますね、
各パーツも実車と同じ素材の様に見えますもん!
ブログで工程拝見してたのに
こうして完成品で見ると凄い存在感ですね!
お疲れ様でした~(^_^)
  1. 2008/10/23(木) 23:53:40 |
  2. URL |
  3. [A'kkiy] #OaBoOaWY
  4. [ 編集]

>和茶さん
おおう!!キタキタキタキタ脳内妄想のパイオニ…バキッ!!v-217
いえいえシンクロ率120%の補填感謝です!!
で、ホントは様々なシチュエーション下での撮影が出来れば良かったんですが…。
ここらは小道具を揃えてジックリ取り組みたいですね。
しかし我ながらヒドイのはミック先生がパラフで転倒ですからね(爆
ジョイ・ダンロップ先生にしようか悩んだ末の起用ですが…お許し願えればと。
結構ボア×ストロークの検証は勉強になりました。が疲れましたね(笑
で、リアルテストいいですね~。SUGOでも初期の211Vテストやったんですよね~見たかったなあv-10
で、'04だと誰だろう??伊藤氏かな??もしかしてヘルメットの下からニョッキリ顎が出てれば岡いえいえ(爆
もうバイクのガスはウチでガンガン抜いていってくださいね!!あ~楽しかったv-398

>bossっち
イエイエいつもありがとうございます。
なんとな~く適当に作ると破綻が出るんで、結構考えて製作したんですが、
仮設定の行き場所がないまま浮くのも説得力が…と。
コレで1194Rも真の完成と言う事になりました。
気になってたフロントタイヤもこれなら16インチでオッケーオッケー(爆
5年はこのまま置いても大丈夫かなと思います。多分ですが。
って事で今週は実はバイク触ってませんでした。
ジャンクのPC組んで98マシン稼動させてたりとか。
とはいえ何故か急にガブスレイが組みたくなって困ったり。
アテネもキュベもゼータもマクツも百ちゃんもv-406
ま、ボチボチいきまつ、ハイ。
  1. 2008/10/24(金) 00:15:38 |
  2. URL |
  3. かながわ #-
  4. [ 編集]

>A’kkiyさん
こんばんわ!!いえいえそんな勿体無きお言葉を…v-406
どうにもヤッツケくさい雰囲気を少しでも緩和できないかと、
なれない言葉で遊び過ぎたようで…文豪の方に見られるならよせばよかったなと…。
A’kkiyさんが活字好きなのをスッカリ忘れてました…見逃して下さいv-435
実車と同じ素材…いやいや何とも嬉しすぎるコメントで、
ホント苦労が(したのか??)報われる思いです。
目下コレが出来たのなら、と悪い欲が出つつありますが、
着実に上乗せできるよう頑張って行きたいなと思います。
ホントありがとうございます!!
  1. 2008/10/24(金) 00:43:44 |
  2. URL |
  3. かながわ #-
  4. [ 編集]

こんばんは~

・・・・最後まで信じ切って読んでました(爆)
すいません、突っ込めるだけの知識もなくて;^^

しかしこの圧倒的なリアリティを見せられると、私のような素人でなくても信じ込んでしまうでしょうね~
ディティールも質感も実車以上の説得力を感じます^^
いつもながら見とれてしまいましたv-10

で、ガブちゃん行きますか!
いや~楽しみですね~♪・・・って、確定じゃないんですね;^^
でもかながわさんのガブ見たいな~^^

製作お疲れ様でした!
次回も超・期待してます^^
  1. 2008/10/25(土) 00:04:50 |
  2. URL |
  3. フリークショウ #q1ShS38Y
  4. [ 編集]

コンニチワ!

いつも以上に、今回はノリノリですね~~~!!!w
こういう脳内設定を作って模型を作るのって、アニメでもリアルでも凄く楽しいですよね!!

ぼくはバイクのことまったく分からんから内容にコメ出来ないのが申し訳ないですが(^^;

しっかし今回のモデルもスンゴイカッコイいっすね~!!!!
キャブのエアファンネルに赤色が写りこんだ画像なんて見た瞬間トリハダ立ちましたよ(^^

各部のツヤ加減、質感の違いの表現・・・いつもいつも勉強させてもらってます(^^
  1. 2008/10/25(土) 15:11:16 |
  2. URL |
  3. 学屋 #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

それにしても凄すぎる。。。
作品の完成度が高いからこそ、活字表現に深みと説得力が加味されるんだな~としみじみ思いました
このまま装丁してもいいぐらいじゃないでしょうか?
バイクシリーズ、これからも製作頑張ってください!

アニメカコン、不参加とは聞いてないので密かに期待していますww
  1. 2008/10/25(土) 21:01:46 |
  2. URL |
  3. さのすけ #VRNId50o
  4. [ 編集]

>フリークショウさん
いえいえこんばんわ!!遅くなってスイマセン!!
いやしかしホントお褒め戴いて恐縮です!!
劇場は一度やってみたかったんですが…
まだ客観的に書けてないんで難しいなあと思いました。
僕はジャンル云々よりもフリークショウさんは、
模型のバランスにとにかく敏感な方だと思ってますので…
そう言っていただけるとホント嬉しいです。
この勢いのままガンプラに…と思うんですが…いつも沈没しますんで(爆
ガブは既に手元にはあるんですが…メタスも欲しくて困ってました。
多分年明け恒例の短期製作になりそうですが、頑張ってみます。
フリークさんのキュベも頑張ってください!!

>学タン
こんばんわになってしまいました!!スイマセン。
しかしザクタン、ホントお疲れ様でした!!
梱包作業の記事見てて…あそこの返送は結構壊れて来るという話を思い出してv-406
もしそんな事になったら「只じゃすまさねー」とビームが先走ってしまいましたv-359
しっかしいい色でしたね!!ディティもチョロも、あえての侘びが効きまくってホント泣けます!!
あのさじ加減はならではの上手さがありますよね~。
何より非武装のコンセプトからして…って、いやいや一晩語りますよ(爆
で、ウチのはそう言って貰えてホント嬉しい限りです。
が!!バイク知らないだなんてまたそんな恐ろしい事をいけしゃあしゃあとv-404
何かが提供できればホント嬉しいですが…頑張ります!!

>さのすけさん
いえいえいえいえいえいえいえいえいえ!!!もう少し背景とかそれなりに工夫すべきでした!!
ホントコンセプト自体がトンチンカンなマシンなんですが、
ミニチャンプスのCBXにはなんとか負けないように頑張ったつもりです。ハイ。
足りない部分もあるにはあるんですが、作ってよかったなと久しぶりに満足できました。
しかし金属は離れて見たときから既に存在感が強い輝きでして…
まあ1/12のバイクだからこそ上手く生かせた感はあるんですが。
ちょっとここら辺はもう少し踏み込んでみたいですね。頑張ります。
で、アニメカコンv-399
ハッハッハ、ミスターT様が忙しそうなんで…どうしようかなと。
  1. 2008/10/26(日) 00:16:47 |
  2. URL |
  3. かながわ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tetukanagawa.blog77.fc2.com/tb.php/205-f37ae8eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かながわ

Author:かながわ
プロフ絵と僕は常に無関係ですが(爆
どうぞよろしくおねがいします!!

FC2カウンター

アカブの肉球スケールモデルコンぺ、略してwwwアカ肉スケコン!!

僕も親しくさせて貰ってます、mineさんトコの第2回スケールモデルのコンペです!!

スケコンですよ~!!

2014年5月25日公開予定。ウチもエントリーしてるんで頑張ります~!!何でエントリしようかな~?テヘヘッ(爆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。