tkmeccanica

模型道をさまよいにさまよう管理人「かながわ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お疲れサマンサ…さ

流石にMAX続きで疲れました、コンニチワ(爆
まあマフやってるあたりから異音がしてたんでそろそろ終わるだろうと思ってましたリューター。
どこのメーカーで出してたか忘れたんですが…。
で騙し騙し一応最後にミラーまでなんとか作ったんですが、
その後メンテ時にブラシとスピードコントローラ等どうしようもないのが判り…昇天なさいました。乙!!画像 1346
まあAC電源のミニだったんでとにかくトルクが細いし回転数も足りなくてイマイチだったんですが、
パワーが無いなりの使い方をすれば結構使えましたね、こいつ。
軸の1360サイズのメインベアリングも結構減ってて…使ったなあと思いましたね。
てか終わったとか言いながら、この後ベアリングとっかえてDC化へまかいぞうしてたんですが(爆
当面DC12Vの安定化電源からコントローラ介して使う予定ですがねwww
やっぱDCはトルクが太くていいですね。こうなると更に欲が出て出来ればブラシレス入った奴が欲しい位ですがね~(笑



とまあヨタ話は置いて。
でいつもの工作へと行く前に…あかにくで知り合いましたかめち~さんのリンクが増えました。
この方もとぼけてますがw何気に相当工作力のある方なんで(爆
大きい声では言えませんがwお住まいの地からいって…もしやスバリストかなと推察申し上げますが模型に国境はありません。
人類皆兄弟な(笑
…くれぐれも絡むなよはる坊w
とにかく鏡音リン&レンイヤイヤwバラエティに富みつつツボを押さえた製作記事とか面白いんで…どうぞ宜しくお願いいたします。

さて前置きが長くなりましたが…
まずは前回のマフ。クリヤー系を主体にセンスと電波wの赴くままにとりあえず塗ってみたんですが画像 1336
地が金属なんで何度でもやり直しが効くと思ってとりあえず塗りました。
配分はセンス0.3電波9.7がどう頑張っても正しいレシオですwwwイヤ笑い事じゃないんですがねホント
前半は焼け色、でそこ以外もアルミの白さを消そうとクリヤーで薄めたクリヤーブラックを吹いてみました。
…まあ案の定予定通り吹きすぎて濃くなった(爆
で一旦落として再度塗ろうかと思ったその時!!…コレコンパウンドかけて薄くしてったらどうなるんだろう??…と。
で吹きで表現できなかったムラっぽさをコッチで出したんですがね。何か思ったより上手く行った??画像 1337
とは言え明らかに太陽光線が当たると全体に赤っぽさが出ちゃうんで(多分薄めたクリヤーブラックの仕業と見た、
後半部分もこの後ちょっと磨いて塗膜の調整をしました。
なかなか反射に敏感で肉眼で見るのと色が違うんで何とも難しいんですが…とりあえずコレで行ってみる事にします。

まあ一番心配だったマフも何とかなったんで、その他をこまごまと組んで行きます。
その間にアフターで頼んでたデカールも到着右がカルトのですが…全然別物でございます(爆画像 1339
いや~これは何度も記事書いちゃいますが、イイ物はイイねホントw一枚283円ポッキリだし。
で今回使いたかった900SSのですがね…金もいい発色してるんですよね~。タマランなヤッパ(笑画像 1340
で同じキットのメーターなんですが…一番上のみたいにズレが凄いともう何が何だか判らない事に画像 1341
…なんでこんなに持ってんだ、って話はまず置いてなw
モチロンキッチリ貼って上から塩ビ板切ってガラスも再現してみました~。

でそうなるとミラーも凝りたくなってきまして…手持ちから色々探してドリーム50のが理想に近かったんですが、
厚いのとガラス面が歪んでるのが気になったんで薄々攻撃したんですね~。
で削り終わったパーツ、計ってみたら0.5ミリ厚でして…別にコレならアルミ板からいけるんじゃ??と画像 1345
死にかけたリューター騙して切り出した円盤を加工してみたんですが…磨くとイケルのが判ったんでやってみました。
何しろクラシックな演出は一つでも欲しいところなんで…ステー含めて片側8パーツ構成でトチ狂ってみます(爆


でステップ周りも終わり全パーツが組みあがりました。
…ふと見たらフューエルフィラー(ガソリン給油口ね)が若干ナナメって付いてのが気になったんで、
裏から突っついて一旦剥がしてフィッティングしなおそうと。
で剥がしたパーツ見たらストライプの一部がプラプラくっついてまして慌てて補修しましたが…画像 1338
やってくれましたねアントニオの奴wwwwww

まあ本物も運が悪いとこうなるし~wある意味理にかなってるぅ~みたいな~??テヘヘッ



…仁藤加奈未の真似したって駄目だっっっ!!!!

楽に終わりて~のに。シクシク。
ってことで改めて色んな部品の立て付けが歪んでないかチェック。
今回はフロントフェンダーとリヤタイヤの位置修正が大変でしたが…とりあえず終了声明が出せます!!





では改めて今回のタイトルに戻ります(オイッ


いつかこの形で作り上げたいと夢見て…やっと完成しました~。
900S①
とは言いながら完全なる1972年型でななく…テイストを取り入れた1980年型という形での再現ですが。

900S②
そんな脳内妄想で作り上げたんですがね…考えてみたら当時スポーツのデスモと言えばダーマがありました(爆

900S⑤
でもこの形で出してたなら??とアナザーな事を考えるんですが…喜ぶのは僕一人ですねコレ(爆
ついでにもっと言うと買えるわけ無いんですがねw
ゲフンゲフン、話が逸れましたが今回はなんちゃってですがイタリアの旧ナンバー付けてみました~。

900S③
エアで張ったタイアの感じがパターンとサイドウォールが丸見えのフェンダーに助けられて強調されたかなと。
ディスク裏までの風景の工作とかもスポークの見せ場の一つなんで、楽しめましたね~。

900S④
アクスルシャフトもピン付きのいにしえのタイプで作り、シートカウルにもメッキモールを入れてみました。

画像 1354
ちょっとほこりが生えてますがwミラーは頑張りました。なんか単車の部品って言うより医療器具みたいですが(汗

900Sメーター
しかし難しいというか色味が変わり易いオレンジで(涙
後で天気がいい時に屋外で撮影してみたいですね~。

画像 1355
一応サイドカバーもフチが無い旧タイプを真似たのと、薄々攻撃してメッシュ裏から貼り込みました。

とまあ…よ~く見られるとまだまだ粗が多くてアレなんでこんな感じで今回はと(逃
突発企画で駄作ですが心行くまで作りこめたんで…厳密には実在しないタイプなんですが、
一応価値というか達成感はありますね~。
でも終わりに近付けば近付くほど…自分との戦いでしたね(笑
てかココまで金属加工やるつもりは無かったんだけどな~(爆
意外とやってみると何とかなるイヤイヤ、まあ程ほどにこれからも追求していく所存です。

励ましや圧や罠などwイヤイヤコレも冗談抜きで必要だしね、本当にありがとうございました!!

ってことで来週から今度はジジババが順繰りで検査入院するんで…更新もままならなくなるとは思いますが、
次への野望に向けてチョコチョコとは進めてるんですがね。前に組んだMHRとNCR剥離したりして(爆画像 1361
ワッハッハ、影も形もありゃしね~www

とにかく年内の完成はコレが最後じゃないかなとは思うんですが…。
年明けからザク行きますしね~。
ま、プはチョッチマッタリしながら年内行こうと思ってます。

てな訳でホント長くなってしまいましたが…最後までありがとうございました!!
デワッッソ
スポンサーサイト
  1. 2009/12/05(土) 14:42:57|
  2. DUCATI900S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

目指せ!!アルミの錬金術師…さw

今日は昼間からのうのうと更新でございますコンニチワ。
で流石に詰まってくると出来上がるパーツ数が少なくなってちょっと焦ったり(爆
大して工作もはかどって無かったんですが前回載せられなかったディスクローターを少々、と。
相変わらずウチの事なんで雑な作業ですが見て楽しんでいただけるならと、ハイ。

でまずは回転物加工の基礎、軸出しから。出来れば皿ビス入れてセンター狙います画像 1301
…って全然見えませんねコレ(爆
まあ両側から軸出してリューターなり電ドリなりのチャックに咥えられる様にしとくって事です。
このパーツも全くの新品があるんですが…決して穴あけがめんどくさかった訳じゃないからねっ!!w
とは言っても流石昔の俺…何箇所かズレて開けてたんで伸ばしランナーで穴埋めね画像 1297
…これまた暗くて見えませんねスイマセン。
少々で隠せる位なら我慢したんですが甚だズレてたんで。アントニオめ~ハッハッハ(笑
でまず裏側から削りました。ペーパー使うと溶けて歪むんで刃物当てて手早く、です画像 1303
僕はカッターの刃先を立てて当ててます。ペーパーだとなかなか削れないんですよね~。
でカマボコ状の半抜きモールドも表から型抜きの如くチンタラ抜くと大変なんで(昔は忍耐でやったw)、
大概この手は裏からガンガン削って行くと勝手に抜けるのを学習しました(爆
で表側もサラッと均すと。厚み測ったら大体1.0ミリ厚から0.5ミリ厚になってますハイ。画像 1304
いや~、道具って便利っすね~。
ってことで削れたんで早速塗りに入ります。まずは下塗りでシャバのグロス黒吹きます画像 1305
…おいおいオッサン傷あるじゃねーか、サフはどした??と言われそうですが…モノホンも傷あるんでハイ(爆
で塗る順番を考えると…まずはローター塗ってパッド当たるトコ加工して塗って、
真ん中黒に塗って更に真ん中のハブ塗るのが効率がいいかなと思い、その順で行きました~。
でますはローターのベース色、ブレンボ特有の金っぽいシルバーを調合して塗った画像 1306
さてココから自己満の世界へと。
本物はココ鋳鉄なんで無駄に錆びないようにとユニメッキが虹色にかかってまして画像 1307
粒子が縮尺対比に合ってないんで虹ムラのパターンがデカイのが実に惜しいんですがね~(爆
ファルケのエンジンに吹いたアルクラッドの#205まほろさんイヤ違うwホロマティック使ってみました。
でマスキングしてパッドが当たる面を再現するため再度廻してペーパー当てます~画像 1308
で前に作った奴は正面から見た銀のギラリ感はよかったんですが斜めに見た時のくすみ感が気に入らず…
今回はガイアの鉄道カラーのダークステンかスパメタシリーズのスーパーアイアンか…悩んだり。
で吹いて見たらガイアのはギラギラしてココには合わぬと判断、Sアイアンに決定。画像 1309
しかしまだ斜めから見た時の黒っぽさがイマイチなんで、クリヤーブラック重ねてみた画像 1310
…まあココまで悩むなら、もはやローターを金属板で作り替えた方が手っ取り早いんですがね(爆
ホラ、もがくのが好きなんで僕(オイッ
ところでホログラムの食いつきは剥がしたマスキングテープの裏で判断できるかと…画像 1311
…意外とというか、クロームよりは食いついて剥がれにくいですね~。ま、高いんで誰も買わんでしょうが(滝汗
さて今度は真ん中の黒いトコ、を黒くすべくマスキングし直します~。とは言えコレ、画像 1312
結構穴も開いてて薄くなってて割れやすいんで、糊の弱化は必須作業ですが(爆
で黒吹いたらセンターのハブだけ更にマスキングして塗って、今回の塗りは完了ね画像 1313
ふ~、終わった終わった。って事で下のが今回のです。上2二枚の前塗った奴は、画像 1314
サムネイルの段階から既に色味で判るんですが、パッドが当たる部分…メッキシルバーなんですよね。
反射の底が青黒い感じなのと…ついでに形にも違和感があったんで作り直しましたが…。

まあちっぽけなこだわりなんですがね、ハイ。



ココからが今回の本番でタイトルに触れる訳ですが…。


え~とねえ、本来は黒クロームメッキで仕上げようと思ってたマフラーですね。
どうにかメッキで行けないかと思うところがありまして…
キットのメッキパーツを必要最小限に目消しして、接続部も継ぎ目の芯作り直して仮組みしてたんですが、
前バンクのフロントパイプだったかな、カツーンと落っことしたんですよ。
余裕かましてたらコレがまた探しても出てこなくてね~。唯一手持ち最後のメッキパーツだったんで、
カーペットに刺さった0.2ミリのピンバイスの刃を探し当てた実績のある捜査2課も呼んで捜索したんですがw
とにかく何故か出てこない。完全ロストはウチではマジで珍しいんですよね~。
…アントニオの奴は必死に四つんばいになって探してるクラエスを後ろから見てハアハアしてやがるし(爆



ま、それは確かに判るドゴーーーーン!!
ゲフンゲフン、話が長いね。
でとにかく失くしたら作るしかないんでアルミ棒材買って来て磨いてみた。イケルかもw画像 1324
簡単に買えたのは良かったんだけど肝心の径が4ミリで欲しいのは3.5ミリ近辺で…。
とりあえず曲げた傷とか削って磨くうちに細くなるし…していけば何とかなるべな、と(爆
ついでにサイレンサーはハイテックのYDS1のが削ればなんとかなりそうなんですが画像 1325
左のがキットのコンチマフラーで、テーパーのかかりがストレートなんですよね~。
コレを削るのは相当ゆるくないなとw思いながらも…まあ…失敗してもいい思い出にはなるかなと(爆
コッチならポン付けデスヨ~ってW1のキャブトンをアントニオが持ってきた時は驚きましたが…。



…オメ~ほんとにイタリア人か??1回トリエラに撃たれた方がよくないか??(笑

で金工班はアルミの粉まみれになり…磨きで真っ黒になりながら頑張ってみたwww画像 1326
馬っ鹿じゃね~コイツ??とか既に聞こえてきそうですが…
一応テールエンドもコンチ風にテーパー折り返してそれっぽく磨きあげてみました、ハイ。
で大まかにバイクに合わせて接続に1ミリ線長めに仕込んでこんな感じで組めました画像 1327
…いや、文字にすると簡単ですがねコレwwwwwwwww
ついでにステーもアルミ板磨いて…接続もキツめの穴にピン打ち込んで固定しました画像 1328
で後は無くてはならないマフラーバンドも一応アルミ板から切って丸めて作りました~画像 1329
ま、ヘボヘボのマフラーですが…マイスイート・メモリアルにはなりましたね~(って夏休みの宿題かっw
で付けた画像いっときますホントは焼き塗ってから公開したかったんだけどwww
画像 1330
まあ見ての通り手曲げ手磨きなんでカクッと曲がってなくて物足りないかも知れませんが…。
ちょっと曲げの際ハンマーで打つのが怖くて…モリッと白くなって裂けそうでハイ。
ちなみに同外径のパイプ材は少し曲げるとすぐ折れてw使えませんでしたね~。
って金工班も言ってましたwww
とにかくまだピカール磨き程度の処理なんで、コンパウンドで磨いた後焼き塗り入れてみますウエッヘッヘ。
今回は塗りに失敗してもすぐ落とせるんで、思う存分にやってみたいですね~
とはいえいくら磨いても色味が流石にアルミなんで白っぽいですが、まあココはちゃんと手を打ちます。


あ、あとシートはなんか物足りなくなったんで…ロシアの戦車兵のメットみたいにすると面白いかな~なんて。
ま、バイクはシートが命ですからね(←命多すぎですがwww
仕上げをバックスキンにしようか悩んでましたが。
あとは左右ステップとリンケージの類とミラーだな。
それから今日か明日着く筈のメーターパネルのデカールか。

それにしても今回はシートカウルの下端にもメッキモール風に線材貼ったりと、金工班は頑張りました。
完成まであとちょっとですが最後までみっちり頑張りますね~!!ハイ!!

デワッソ~
  1. 2009/12/01(火) 11:56:05|
  2. DUCATI900S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

コリャもしかして…さ

こんばんわ!!
え~、娘が寝込みました。多分新型インフルです
唐突に緊急警報レベル8状態の我が家(爆
もうみんな急にマスクなんかしやがって…命根性が汚ね~なあウチの連中は、と(笑
え??僕ですか??



僕はホラ、普段ツールクリーナーとか吸って喉を強力に消毒してるんで大丈夫ですがね…何かwww
という冗談は置いてもな~んかダルイ気が。ヤバイぞ。
カミさんにそう言った瞬間、買い物に出かけて2時間位帰ってこないんですがね(爆

あいつは鬼だなチックショ~。
今のうちにナースみくるでも呼んでくるか(ウヒッ
じゃなくて!!
なのでちょっと作業を貯め撮りしてたんですが…今回は手短に更新、って事でご容赦をと。

で誰かの辺コメで書いてたんですが…実は組みながら思った…ブレーキに違和感が画像 1300
別に一枚ディスクなんで大きさ的には気にならないんですが、何か変な感じで。
出っ張ってるから角度によってはセンターからズレて見えるのは置いても…な~んかおかしくて。
裏側から見ると我ながらなかなかいい表情が出てるとは思ったんですがね(当社比w画像 1299



…どうも真ん中のキャリアプレートの色が明るくて軽く見えすぎてるのかなと。
そう思うとなんだかリヤも気になり始めてね。
で結局前後同径で作り直す事にしたんですがね…これで2日作業が延びましたねw画像 1304
とはいってもキットの奴薄々攻撃しただけなんですが(爆
ホントはコイツの塗り~マスキング作業まで写真撮ってたんですがね。
そのうち書くものが無くなったら記事書きます。
で作り直して結局こんなバランスで落ち着きました~。…やっぱ真ん中は黒だなと画像 1315

うんうん自己満足
で相変わらず組み付けの順番が見えずチンタラやってたんですが、
まあサイドカバーを付けるにはバッテリ塗って付ける前にキャブへのパイピングが先で…
という事はタンク付ける前にメーターとハンドル廻りが完成しないと無理だなと逆算、
フロントフェンダー~メーター廻りを優先させて組み付けてました。

まあ組みつけてたなんて書くと簡単ですがね…気が付いたらメーターの文字盤もロクなのが無くて。
ま、コレは既にカルトグラフの奴を発注したんでwそこを飛ばして作業してましたが終わりが見えなくて。
ちなみにアフターのデカール、NCRのとSSのは一枚283円でした!!!!
いや~あまりの安さに間違ってるよコレ??と思いましたもんね。大企業様様だ~(爆
とにかく今回はメーター廻りが丸見えなんで極力手を入れようと…ケーブルですw画像 1320
基部の手回しナット(ギザギザが付いたディティね)をどうしても再現したくて…2日悩みました。
でモノホンは削ってこの加工してるんですが、結局削るのは無理だと判断、
山を足す方向に切り替え、1ミリ丸棒に0.2ミリ位の伸ばしランナーを一本ずつチマチマとw
全周に流し込みで貼りつけて乾燥後に切り出して、らしく見える奴を作ってみました。どうっすか??(爆

後はリム系のリングディティとかアルミパイプ輪切りディティとか30箇所位頑張りましたね。
思えばまだフロント周りとエンジンしかやってませんが…マジでもう疲れた(爆
角断面のリング作ろうと丸棒でリング作って叩いて整形したり…金工班は頑張った画像 1322
写真だと大したこと無いですが…見た感じ結構重量感は出てますね、ハイ。
でガラスも作ってて後は文字盤入れるだけのメーターになりました~。イヤ疲れたw画像 1323
で今回写真撮れなかったんですがウインカー、レンズは透明ランナーの気泡が無いトコから削りだしました。
いやアオシマのがあまりにも国産チックなロングレンズだったんでね。
で中くりぬいてスチールボール半埋めにしてバルブチックに仕込んでます(爆
ヘッドも見えませんがガラスビーズからソレっぽく見える位に丸い奴セレクトして入れてました~。
後は黄色味を強めにしたオレンジで塗って(ウフ)モールディティ付けてオシャレに見えるよう頑張りました(爆

あ、後グリップは生ゴムじゃなくせっかくなんでタル型の作ってみました~。
コレとにかくスロットル重そうなんでハイ。心使いって奴です(爆
あとはここらはミラーが付けば終わりですが…メッキの丸型をステー寝かせて付けたいですね~。

とはいえシートもまだ塗ってないしシートカウルにメッキモール付けたくなるしでwww
ま~だまだデデンパのセレクトにも大変だったりしますが(爆
がんばってみます、ウス。

で今から夜間救急行くか?って話なんでw
今回はこれにて。
デワッソ


  1. 2009/11/27(金) 22:44:26|
  2. DUCATI900S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

フッフッフ、イイ感じ…さ(当社比w

コンバンワ。
また更新かよと怒られそうですが…乗ってるものは仕方が無い(爆
で最近は流石に皆さん呆れてるのかwカウンターの廻りも昔に戻りつつありますがンなモンは気にしない(笑
自分が欲しいと思う物を…作れるからこその模型道、であると信じて邁進させていただきます。
とは言え来月にはジジババの検査入院が確定してるんで…
ザクはそれ以降ですね~。
流石に2度も中断させられるといくら僕でもマジで完成が難しくなってしまうんで。
とにかく今はコイツを確定させよう、の900Sでございます。

で早速ですが前回の続きのデカールは…古いけど大丈夫と踏んでコレを使います画像 1278
とはいえ実際は数箇所千切れかけて青くなったんですがね(爆爆爆
とにかくタンクとシートカウル上面にビシッと真っ直ぐ貼るようなんでしっかり固定、と画像 1279
…コック切り飛ばして基部作り上げてるあたり気合いが違うでしょ今回は(爆
やっぱコックは底面からはえて無いとね~。
てか誰か今コックは股間からだろ、って言わなかった??(笑

まあ最近独り言が多いんですが気にせずw
とりあえずデカールの下にゴミがあると困るんで#2000で水研ぎしてるのは変らず。画像 1280
で切った貼ったしてなんとかなりました。
現在オーバーコートで吹いたガイアクリアーの養生中です。磨けたら載せますね~。
でその間エンジンとか塗りました。多少グラデかけましたがまだイマイチなんですね~画像 1281
表情豊かな筈の空冷エンジンなんですがね~。流石に只塗っても単調なのねコレwww
まあ積み込む前にエナメル系で若干表情つけてみます。
でキャブとか一部カバー類付けてこんな感じに仕上げてみました~。如何でしょう??画像 1288
あ、今回のファンネルメッシュは頂点をフラットにさせてみました~。
…てか偶然出来たんですがねコレ(爆
なんかジャイアンのマイクを彷彿とさせますね~www
冗談は置いてもコッチは3年位前に組んだ同エンジンです…塗料の進歩は偉大だな画像 1285
とっ、とにかく少しはマシになったじゃないっ!!
っとか言って貰えると嬉しいんですがね~(爆
…でもフィンの枚数は足りないんでアイポイントの作成に余念が無いんですがね実際w

って事で重要なアイポイントの一つになるであろうプラグコード。
今回はとにかく編み込みの古いタイプの再現が目標だったんですがね~。
とにかく目星を付けてたのがこのイヤプラグの配線だったんですがね。
赤い撚り線を使おうと思ったら細過ぎたんで一旦ほぐして2本分にすれば太くなるかと画像 1282
…まあ太くはなったんですが何て言うかスパイラルで入ってる柄の再現がイマイチで…。
じゃとりあえず金の奴と組み合わせで拠り合わせたらなんかイケそうな感じじゃないっ画像 1283
この時点で太さも約0.6ミリで欲しい太さだしね…。
でコイツはステレオタイプなんでもう片側には青い線材が入ってるんですよね…。
これだ!!ってんで赤と青で拠ってみたらなんかスゲーイイ感じじゃないですか!!画像 1286
…コレは自分的で恐縮ですが年一回のクリティカルじゃないかと小躍りしてしまいました(安いから俺w
でもね、このタイプの再現はちょっと見ませんよ旦那…ウエッヘッヘ
無理矢理スクラッチしたプラグキャップとの相性もバッチリな気もしますしね~。



ふ~、今年一年はホント苦労したなあ…www
ってことでもう思い残すことは無いのであった…じゃなくて!!

でそういえば金工班がエンジンのべベルシャフトカバーに入れた2ミリのステンシャフト発掘した際、
ついでにアルミのパイプ材も発見してきたんですよ~。
サイズ測ったら何とか使えそうなんで、今回はコイツ磨いて輪切りにしてライトリム作ろうかと(爆
ってことでコレは昔のミニラジコン用のアルミホイールなんですがね…確かABCホビーのだったと思う。
もっと言うと確か…たまにウチに来てコメくれるまっちゃんからの貰いモンだったと…画像 1289
今や貴重品なんですがね(スマン!!
とにかく旧いんで引っ張り出してきた時には真っ白に錆びてたんですが(爆
外形がどうしようも無い位ドンピで肉も薄くてもうこれ以上使える素材はこの世に無い気がしてwww
って事でまずカットライン入れてから先端をま~るくすべく、角落としてとにかく磨き画像 1290
ひたすら磨いたのちに皮一枚で残してたカットラインから切り離して…リムの完成と画像 1291
で中に合うようにCB750Fのリフレクターを削って仕込んで完成、の予定です。
いや~ライト廻りは構成がちょっと複雑で、ステーを貫通させるウインカーでライトが固定になるんで、
ユニットで組んでいかないと形にならなくて…御披露目は次回になってしまうんですがね~。

まあ目下スイングアームとフォークのセンター出し固定に絡んで、
リヤダンパーやフロントフェンダーの組み立てをやってるんですがね~。
エンジンが載ってライトやハンドルが付いたらワイヤリング出来るんでね。
まだまだ組み立て手順のチェックにすら気が抜けませんがとにかく楽しくて(爆

とはいえまだステップ廻りとミラーとマフラーに全然手が付いてませんが…
次回はちゃんと形になってると思いますんで、頑張りますね~!!

デワッソ
さあケータイも直って来たんで調子が上がってきました~www
  1. 2009/11/22(日) 21:58:07|
  2. DUCATI900S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

ファイトっっっ!!根性で頑張る…さ

コンバンワ。
いや~思ったより時間がかかってるんでペース上げてるんですがね~。
急いでやると何か起きるんで比較的間を空けて作業してるんですが…終わりが見えなかったりして(爆
まあ〆も何にも無い自由作品なんでそこらは気が楽なんですがね。
という心情を表した訳ではないんですがねw黄橙の下塗りにと色作ろうとしたらね…画像 1268

…ハッハッハ、何じゃこりゃ(爆
ベースの黒の上に吹こうと使う色を適当に落として黒も落としたらこんなのが出来ました。
で攪拌したら単なるベージュでしたがwwwこれまた面白そうなんで一旦吹いてみた画像 1269
いや~流石ベージュ見事な隠ぺい力です。
でも画像はカメラの設定変えるの忘れてて単なるグレーにしか見えませんねコレ。
上手く吹けてるように見えるかも知れませんでもね。
でも吹いてる時ガンが一瞬詰まり掛けたんでトリガー段引きしたらゴミが飛んでて…画像 1270
いや~久しぶりにガン使ったんで何か浮いてきたみたいです(爆
ビトビトっと行ったのを見逃さなかったwwwって事で慌てて完バラでメンテして吹き直したりして。
で結果から行くとこの下地色を隠せる位黄橙色の隠ぺい力は強くなかったなと。
いや、クレオスの新色だったんで期待はしてたんですがね~。
でも前の同色よりはなんか鮮やかでしたね。
なもんでちょっと黄橙色の隠ぺい力を上げようかと白足してみたんですよ。
で吹いた奴蛍光灯の下で見たらなんだかベッタリの濁り具合



やっぱ殆ど白の下地からじゃないと発色しないんだろうなと思いつつ…。
ネットで原車の画像とか見たら…何かもっとオレンジっぽくてもイイよなあ、と。
って事で黄橙にオレンジ足して吹き直し。オレンジ足した瞬間、赤味が強くて驚いた画像 1271
…まあそんな事よりコレ艶が全然出てませんが(汗
よく見たら黄橙色は(半光沢)の表記でwピエールもちょっとびっくりしてた(爆
とまあ余計な文章が長かったが(イツモダロw)割と近い色が吹けたと思うんだけどな~。



でこのままタンクに旧ロゴと黒いストライプが入れられるのがいいんですがね~。
何せクランクカバーにはバッチリ新ロゴの刻印が入ってるし(爆
でもキットには黒じゃなく紺ですが、使いたいストライプが入ってるんですよ~。
そこでアンジェリカの友達にデザイナーがいるらしくて…急遽呼んで貰ってミーティング開始です(爆

でそのちょっと浅黒いトリエラさんが言うにはw、統合性を考えるなら新ロゴで行ったほうがよかろうと。
確かに新たに作ったブレーキとかも旧車を目指すにしては比較的新しいタイプですしね。
って事でココでコンセプトは明確になり、オレンジにパールが吹けるのであった、と画像 1275
NSXん時のアルクラッドの#203ですが、地色が明るかったんで量が少なくて済みました(笑
でもこの状態はその上にクリヤー3層くらい吹いてますけどね。
いや、粉モンはとにかく上のクリヤーがガタガタに痩せるんで今のうちにガイアので重ねておきたくてハイ。
この後ストライプとかのデカール貼って再度クリアーですね。
紺でも色的には合うとは思うんでちょっと頑張ってみます。


でモチロン外装以外も進めてました。何せ組み上げこそが最大の楽しみなんで…画像 1277
それからホイールのリムもマスキングして今回はメッキシルバーで吹く事にします画像 1273
背側は出来るだけテリテリにしたいんでグロスの黒でテロっとなるまで吹きました画像 1274
で一部剥がれてるのはこの部分はテリよりも軽く切削跡が欲しかったからでして…。
まあココは上手く行ったら完成時にどうなったか見てやってください。

って事で今回のメッキシルバー分の作業です。アルミのポリッシュに見えればね画像 1276
あ、ディスクローターはアルミに見えるとまずいんですが(爆
しかし他にもまだまだ塗らなきゃならない物が沢山そしてこまごまありまして…。

レバーとかチェーンとかキャリパーとかフォークとか…う~ん気が遠くなってくるぞ(爆
ま、焦ったら負けだし寒いんで窓全開にも限度があるんで休み休みね、行ってみます。

それから今回塗ろうと思ってまたあちこちの実車のサイトへ行って拝見してて思ったんですがね。
今回マフラーが黒いと見所が少ないよなあ…と。
とはいえキットのメッキのエキパイはパーティングラインと型ズレが凄いんで…。
ライトリムの件含めて金工班にちょっと出来ないかと相談中です(爆
しかし我ながらドンドン欲が出てきたなとは思うんですがね~w

なんとか6発ブッ倒すのが目標なんで…うん頑張ってみよう。
デワッソ!!
  1. 2009/11/18(水) 21:43:42|
  2. DUCATI900S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
次のページ

プロフィール

かながわ

Author:かながわ
プロフ絵と僕は常に無関係ですが(爆
どうぞよろしくおねがいします!!

FC2カウンター

アカブの肉球スケールモデルコンぺ、略してwwwアカ肉スケコン!!

僕も親しくさせて貰ってます、mineさんトコの第2回スケールモデルのコンペです!!

スケコンですよ~!!

2014年5月25日公開予定。ウチもエントリーしてるんで頑張ります~!!何でエントリしようかな~?テヘヘッ(爆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。