tkmeccanica

模型道をさまよいにさまよう管理人「かながわ」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僭越ながら(汗

え~寒い寒いこんばんわ!!
今日は朝から小雪殿いや混じりの天気でして。
初…雪でした(音なんて書かないんだからっ!!)。長~い冬が始まりますねホント。

で、出だしとは関係なく、ウチの作業でよろしければとデカールの記事をと思いまして。
しかし歴史的な失笑を買うと思われますが…何卒暖かい目でと先にお願いしておきます、ハイ。

でホント大した作業じゃなかったんですがと。

まあスケモの場合、大体貼る順番がデカールの番号順、になってることが多いんですね。
なので重なる部分とか文字が後から付く場合とかはそういう番号になってる筈です。
たまに曲面がキツイとかで優先されたりもするんで、都度の判断も必要になる場合もあります。
ってことで今回はRSのを貼ってラッカーですがクリヤーまでちょっと説明を…。

で一応基本色の塗りが終わって一旦クリヤー後貼りに備えて#2000で水研ぎします画像 390
食いつきもですが埃とか砂地を落として平坦に、を重視してと解釈してますが。
で今回はゼッケンベースとストライプがメインなんで…切り分けてしまってますが…画像 391
通常はストライプとか長い奴は一旦切って現物に合わせてみて、
長さが間に合うかとかどこの曲率がキツイかとかチェックした方がいいでしょうね。

で今回一番曲面がきつくてストライプが上に重なるフロントゼッケンから貼る事にします。
研ぎ出すつもりならニスはギリギリまであまり追わずに(欠ける奴もあるんで)切ってます。
で、40℃程度のぬるま湯に漬けて、この位染みたら僕は引き上げて置いてますね…画像 392
水中で分離すると確実に糊が弱くなるんで、ハイ。
で台紙から動くようになったら貼る面を濡らしておいて、セオリー通り台紙をずらして画像 393
気泡とかゴミが挟まると厄介なんで…一応こうするのが確実です。

で大体こんな状態で乗りますが(爆)慌てず固定ポイントと引っ張るポイントを考えて画像 394
いやだからタブレット繋ぐの面倒でマウスで書きましたスイマセン笑わないでください!!画像 395

で解説すると、
①の部分を水気を取ってまず固定して足場を確保しておいて、
②のゼッケン上面のエッヂの線をまっすぐに確保しながら斜めにジワジワ引っ張って、
③の角までまっすぐになるよう中央の峰に注意しながらジワジワ引っ張って…
最後に切れ目が繋がるように貼る。
とこういう方法が一番かなと…。
で今回はソフターも加温もせずにスンナリ貼れました。さすがカルトグラフですね

とはいえ2箇所に気泡が残ってるんで…押し出しで動かすか針で抜くかで対処をと画像 396

で、結構僕も切ったり千切れたりする方なので、タッチペンは必須と考えた方が気が楽でイイです、ハイ。
で、カウルは乾燥の為ほっといて違うトコ、って事でタンクのストライプに行きます画像 398
コレはセンターに無いとアレレになっちゃうんで…面倒ですが目安で都度チェックをしていきます。
で前側位置が出たんで後半を貼り込みますが…改造してたんで不足が出ました画像 399
はわわ~スッカリ忘れてた(汗
ってんで前側から余分切って繋ぎ合わせてタッチペン、の暴挙に出ます(爆
…どっちみち切り欠きとか青の下側が微妙に足りないんでタッチペンは覚悟の上ですが。

で、ヒーターで風当ててたゼッケンも乾いたんでそろそろストライプ逝ってみます画像 401

…笑わないでクダサイ(涙

で、一応解説しますと、
①から②の峰をまず固定、足場として③の角まで気泡を出しながら貼る事にします。
で、峰から下は明らかに絞り込みが必要でして…裏から見るとこんな感じに余ってる画像 400
一箇所で折れたりしないように上側から徐々に押さえて行ったのがこの状態ですね画像 402
ここまで来たらソフターとかで裏側に巻くように押さえていくと綺麗にシワが消せます画像 403
ウチはポットの口にティッシュ当ててチョロ、の「お湯ティッシュ」で押さえてシワ取ってます。
で、反対側も同様に貼り込んでいってシワ取り前の状態ですね。不足はタッチペンで画像 404
…実はカウルも若干カットしてたんでデカールのアールの合いが悪いのは愛嬌って事で…。
ふ~、コレぐらいならまだカメラ持つ余裕があるからいいですが(ホントカヨ

さてリヤカウル。ここもストライプの芯を合わせて…伸ばしテクが要るゼッケンをと…画像 405
ワハハハ…やっぱり後でタブレットのドライバ入れておきます
説明しよう!!
①のカット目を下端として足場にしつつ、②の峰から三方向に引っ張ればオケー!!かなと。
ところがゼッケン上端はまっすぐにしないと…基準になるストライプがあるんで…トホホ画像 406
って事でカルトグラフの伸びを信じてなんとかなじませました。丸も気泡が抜けて画像 407

はあ~、なんとかなってヨカッタヨカッタ
とはいえ全体のなじみに念を入れる為、一応お湯ティッシュで軽く押さえときます。
コイツは貼り込んだ全部のデカールにもやっておきます。
やらないとこの後の作業で剥離して角が欠けたりしやすいんですよね~。
で、この後文字類を貼り込んで乾燥させます。ウチは温風当てて放置してます。
しかし今回は足りないトコが多いのはアレですが割れとかホント無くてよかったですね画像 408
タッチペン後、いよいよクリヤー行きます。


話は脱線しますが、古いデカールでニスの部分とかの糊が飛んで白っぽく乾燥してしまった奴とかは、
完全乾燥前にクリヤーを染み込ませると透明に戻る事もあります…。前のCB750Fがそうでした。
只デカールの質によってはイキナリラッカーを使うと割れたりするんで、
アクリルとかエナメルを使うといいって話もありますが、恐らく経験値が必要と思われます。
僕は糊が明らかに弱い時とかデカールが硬くてなじみが悪い時なんかは、
アクリル溶剤でシャバにしたクリヤーに浸して貼ったりしてますが…。
コレでも割れるときは粉々なんで責任は負いかねますが、って強引すぎて参考になりませんね(爆

で今回からガイアのEXクリヤー、希釈は5倍でこの位の吹き量から始めてみました。画像 410
ちなみに人によって様々です。コレが正解じゃないと思うんで念のため!!
要点はとにかくデカールが割れなきゃいいだけの話ですんで。
僕の場合はデカールの段にクリヤーが廻ってるのを確認出来る最小の量吹いたら一旦やめて様子見ます。
ですが淵だけ吹くって事じゃなく全体に被せながら、って感じですね。
この時点で気泡とかあるとちょっと膨らむんで判りますが、
イキナリびたびたに吹いてくと風船みたいに膨らんだり、勢い良くペローンと浮いたりするんで…。
コレで縮みとか無ければオケーって事で大体2層半位で一旦乾燥させます。で研ぎね画像 412
完全乾燥が理想ですが研ぎは厳密に言えば流水の方ががいいと思います。
僕は#2000で無理せず高いトコだけ落としてますが…段が見えますよね??
ガイアは硬化が早いんで助かります。で引き続きクリヤー今度は強気の4層位で(爆画像 413
いい感じで埋まってきましたがまだ若干段があるんで…後二工程繰り返してみますね~。

ウレタンのみならずラッカーでも砂からドバッと吹いて枯れるのを待って研磨していく方向か、
少しづつ吹いていって、最後の吹きっぱからコンパウンドで磨き出すのとどっちが早いのかはアレですが、
僕は層ごとの管理が出来れば純度が上がりそう…で後者を選んではいますが…。
スタイルや慣れや道具で楽しんで貰えればな~とかチンポロピンな僕ですが思ったりしてます。

なかなか最近は大判のデカール付きのキットとか多くなってきたんで…
更に手法とかテクノロジーが発展してくれると面白いんですがねホント。



で、最後にRCなんで転写じゃなくてステッカー形式なんですが…コレはキツかった~画像 414
なんとボディ表面の90%弱がデカールでして。
コレは流石に実車同様洗剤塗って位置固定してドライヤーで炙りながらヘラで洗剤出して貼りました~。



はわわわわ~!!痛者じゃないですぅ~…ベシッ!!

ってことで今回は…あの、あくまで何かの参考になればですんで…ハイ
それは間違ってる!!とかテクが古いとかwありましたら遠慮なく教えてくださいね!!

デワッソ!!
スポンサーサイト
  1. 2008/11/20(木) 22:45:13|
  2. RS1000'81
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

悩みは尽きず…さ

こんばんわ!!
なんか週末は色んなことがあったりしてプが進んでなかったり。
娘が寝込んだのはイイとしても…布団の中で歌ってたのが、
「はやてのよ~に~ザブングル~ザブングル~♪」



おまいもしかして俺より先にANIMAXで見たのか??
…ぬおおお負けてられん!!

とかね。色々です。

で、話は変わるんですが、実は先日当ブログが90000HITを迎えまして…。
もうホント皆さんのお陰だなと感謝しております!!
で学屋さんが踏んでまして。先月から開設2周年とかタンタンも重なってたんで…コレをと!!画像 388
ちなみにtakaさん経由になります(了承済み)。木曜あたりに出ますんで宜しくお願いします

…快く引き受けてくださったんですがね、何故かtakaさんが無茶苦茶欲しがってたのには驚きました(爆
まあウチもここしばらく何も出してませんでしたしね~。ハイ

で、来る100000HITの時もプレ考えてますんで…
ブログが存在してればwですがまた頑張って踏んでくださいね~

って事でなんか風邪がうつったっぽくて頭が痛いんですが続けます。CBはこうなった画像 381

ハイ、うちの奥義w剥離です(爆
しかし今年は無駄が多い!!とにかく無駄無駄無駄ァ!!が
で塗りなおしたのがコイツでして。比較用にサフ缶の青と並べたんですが…色が出ん画像 383
同じ位の赤みの強さがあるんですがねえ…TS15に銀足したようにしか見えないのが不満なんですが(爆
ま、コレはコレで現物は満足出来る色合いなんで…と。
それからコイツも前回の反省もあり濃い目のレッドで塗りたかったんですが…濃杉??画像 387
まあ大半はデカールで隠れるんで気にする事もないんですが…。

今回ホントは貼りの記事まで持っていくつもりだったんですが…ちょっと考察してました(爆
僕的には濃い方が圧縮感が出て好みなんですが、エンジンとかの銀が付いて来れるか不安もあったんで。
…前は逆転で外装を明るく、銀は暗めの塗りでやってみたんですが結局気に入らなかったんで(爆
だからといってパッと見アルファっぽい赤まで落とし込むのもやりすぎなんですがね~。
なんか最近ブライトレッドとかがオレンジに見えて仕方無いんですが…。
特に前の奴なんか明らかに下地のベースホワイトが溶けて滲んでるっぽいんで…もう赤じゃない

ま、ここは多角的に検討してみます。
次回は何とかRSはデカール貼りが紹介できるように頑張ってみます!!

って事で剥離と吹きの作業だけははかどったんですが、結局全体から見ると進んでなかったり(爆
ま、慌てず進めていきますね!!

ってことで短いですが今回はコレで!!
デワッソ~
  1. 2008/11/17(月) 23:46:42|
  2. RS1000'81
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

いい日だな

こんばんわにゃん…バキッ!!
いやスイマセン。
43回目にしてなかなか穏やかな誕生日となって…コレはコレでいいもんだなと。
ま、こうしてジジイになっていくのもアレだなとか思う次第ではございますが(爆
来年はどうなのか…せめて立場が悪化してない事を祈りつつ邁進したく思います。

さてさて前回予告のRSですね。
一番気になってた前後ホイールの問題も解決したんで黙々とバランス見て作業してました。
で、前回気が付かなかったんですが…タンクが短い気がしたんで中間で2ミリ延長~画像 340
ホントは1ミリ程度な気もしたんですが、アルミタンクに見えるよう角とか落とすつもりだったんで…。
ちょっと大きめにしておいてあちこちデコデコに削ってみました~。
ま、上面はちょっと落としすぎな気もしますが…仕様が安定しなかった時代なんでコレもありかと(爆
あとはアルゴン風に太目の溶接痕つけて強引に持って行きます。しかし楽しい作業ですハイ。

で、カウルの位置調整しててふと気が付いた丸すぎるスクリーン。
前傾面の平坦化とスクリーン後端のハイトも落ちるのを狙って下端を斜めにカットした画像 342
後ろ側で3ミリも落としてなかったんですが結構寝た感じになって驚きました。
コレも昔気が付かなかった場所と工作なんで…。
結局カウルは前タイヤ径で落とした2ミリ分だけ上げて付けるべく…
キットのライトステーをフレームにしてマウントして様子をみようかと。
キットはリフレクター~フレームまでが一体の2灯式で、今回の1灯は余裕があるん…画像 343





うおおおおおおおおお





あの、月詠中尉殿!!撮影中でありまして画像 344






フッフッフ、さ@すけさん…そなたに感謝を毎日眺めては転がる日々を送っております(爆

で、え~と…何だっけ??
あ、マウントも上げたんでシコシコ工作したフォークと合わせて様子を見てみます…画像 338
ちなみにキットに付いてきた写真がコレですね。昔は親切だったな~と涙が出ます画像 345
…大分似てきた気がします。てか前に組んだのに比べたらはるかにマシにはなりました(爆
でもサムネイルで見てもタンクが若干長いのが判りますね。
削ろうか悩んだんですが…写真を良く見たら「T」ってコレスペアマシンじゃね~の??と。
で、探すと出てくるモンですね(爆)本戦マシン写真発見!!しかもほぼ同アングルだ。画像 346
…しかしタンク長はあんまり変わりないかな(爆
まあでも細部が違う事違う事!!コレだからスケモ特にレーサーって奴は…(泣
ついでにコレクションホール現存の同型ね(爆)一体どれが正しいんだっちゅ~の!!画像 347
コッチのタンク長はドンピだ!!…な!?な!?(爆
…ま、あんまり悩むと抜け毛が激しくなるんでこんなトコでとどめておこう。いや、敏感なんで。

しかしこのマシン…落とせども落とせどもフレームのダウンチューブが地面に近付かなくて焦りました…。
FBのフレームは一発で落ちるんですがね…何ででしょうねホント。
後は写真と見比べてキャスターがちょっと寝てるんでアンダーブラケットのネジ穴開け直して対処します。

まあ相変わらずチンポロピンですが大分イイ感じで似てきたんで作業頑張ってみます!!


で、ちょっと本見ててたまには紹介もいいかな…なんて思うんで…
お暇ならば続きに、と [いい日だな]の続きを読む
  1. 2008/11/06(木) 18:30:14|
  2. RS1000'81
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

プロフィール

かながわ

Author:かながわ
プロフ絵と僕は常に無関係ですが(爆
どうぞよろしくおねがいします!!

FC2カウンター

アカブの肉球スケールモデルコンぺ、略してwwwアカ肉スケコン!!

僕も親しくさせて貰ってます、mineさんトコの第2回スケールモデルのコンペです!!

スケコンですよ~!!

2014年5月25日公開予定。ウチもエントリーしてるんで頑張ります~!!何でエントリしようかな~?テヘヘッ(爆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。